熱いですね! FDT M4が出てウキウキの村井です。

さて、表題のとおりなんですが、先日出たばかりのTwitter公式tweetボタン。
ドキュメントを眺めていたら同じ挙動のボタンを作る方法を見つけたので作り方のご紹介です。

 ドキュメントは下記にあります。

http://dev.twitter.com/pages/tweet_button

で、大事なのは以下の表と、Build Your Own Tweet Buttonの項目です。

Query String Parameter

Description

url

URL of the page to share

via

Screen name of the user to attribute the Tweet to

text

Default Tweet text

related

Related accounts

count

Count box position

lang

The language for the Tweet Button.

すごい!

つまりどういう事かっていうと、

tweetButton.addEventListener(MouseEvent.CLICK, function(e:MouseEvent):void {
    navigateToURL(new URLRequest("http://twitter.com/share?text=" + escapeMultiByte("tweet button test. #wonderfl") + "&url=" + escapeMultiByte("http://level0.kayac.com") + "&via=" + escapeMultiByte("vesperworks")));
});

 ってできちゃうんです。
素晴らしい。短縮URLになって、viaもつきます。

下にwonderflでボタンをつくってみました。押すと実際に上のコードの挙動が確かめられます。
短縮URLでこのページが。viaで僕のTwitterアカウント(@vesperworks)が出てきます。

Tweet Button - wonderfl build flash online

これからのTwitterキャンペーンでは重宝する実装になりそうです。

 

 

 

HTML5飯