株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するモバイルポータルサイト
「モバゲーTOWN」向けのゲーム、「ぼくらの甲子園!」を制作しました。

 

「ぼくらの甲子園!」はどんなゲーム? 

甲子園を目指す青春!野球ゲームがモバゲータウンで登場!!
全国の高校から所属校を選び、ポジションを決めて練習に励もう! 

同じ学校の仲間と競い合ってスタメンを勝ち取り、
地方リーグを勝ち抜いて、目指すは甲子園!!

弊社サイト制作実績ページから転載)

...という、その名の通り高校野球がテーマのゲームです。

 

ソーシャルゲームと高校野球。

事のはじまりは、ソーシャルゲームのアイデアを考えていたときに
「友達と甲子園行けたら楽しいだろうなぁ」
と想像したことがきっかけでした。

ソーシャルゲームはユーザー同士がSNS上で交流できるゲームなので、
友達と同じ高校に入って一緒に甲子園を目指す!という楽しみ方も可能です。

実際に、ゲーム内で同級生を見つけたというユーザーもいるようです。

 

FlashLite1.1の制限から学んだこと

自分は主にFlash部分の開発を担当しました。

すべてFlashLite1.1での開発でしたので
おなじみの容量制限(100KBまで)もありますし、
表現出来ることは限られています。

ですが制約が多い中での開発は、
容量の軽量化、パフォーマンス最適化の重要さはもちろんのこと、
「演出」について改めて考えるいい機会でもありました。

それはFlash単体だけを見ての演出ではなく、
例えばFlashの前後ページの導線を含めた演出や、
それによってユーザーはどう感じるか?という部分を
大事だなと感じたりもしました。 

 

ぜひ遊んでみてください!

chart.png

http://pf.mbga.jp/12000501

 

■ 現在カヤックでは、ソーシャルアプリクリエイターを募集しています!

HTML5飯