どうも 冬の寒さにも負けずflashやってますか?
寒さで震えてコード書くのが早くなって嬉しい悲鳴がでているさぶろうです。

さて僕は今、飲料のキャンペーンの携帯版サイトの構築をさせていただいております。
具体的な作業内容は飲料のキャラクタをモーショントウィーンで
lite1.1なので100KB以下にして動かすというものでした。

そこで起った問題の一つに色化けがありました。

僕の制作フローとしては
・aiベースの素材から全体のテンプレートになる基本アニメ作る
・三コマくらいでイラレで動きの決め絵作る
・flashにパーツごとコピペして形を調整
・動きをつけて書き出し。という感じなんですが、
商標化されたキャラクタなのでカラーのレギュレーションがとても厳しいのです。

まずソースファイルをCMYKでいただくのですが、最初それを直コピペしてました。
途中色が違うと突っ込みが入り途中からソース側の色をRGBで調整していたのですが
いくらやっても指定の色で持って来れない。
なんでかとおもったら持ってくる途中でいろが化けてしまって居るようでした

イラレがわではsRGB IEC61966-2.1でプロファイルを指定しているのにどうして??
しかも化ける色と化けない色がありました。
彩度の高い緑系-彩度の高い赤系がかなり化ける
それ以外の色でも純色系はたまに化ける
逆にダルっぽいトーンの色味はそのまま持ってこれる

この化け方はAdobeRGBをsRGBに変換したときの微妙な変換に似ているので
もしかしたらflashの色空間の方が範囲が小さいから部分的にぐわっと圧縮されているのではないかと思います。

■現状最良の解決策

・一度FireWorksを経由させる
画像の通り旧マクロメディア系アプリのflash/fireWorksからイラレ上での色を見ると既に変わっています

asd

しかしイラレからfireWorksにコピペしたものはほとんど変わらないので通常だとこれがベストです。 しかし色味に因っては変わる事もあるので完璧とはいえません。
イラレ側のICCプロファイルを替えれば良いとか書いておりましたが具体的にflash/fireWorksの色空間がどれだか具体的にはわからなかったです。

・色空間がわからないのでコピペに対する解決策としてはディフェンシブですが
弊社shimadaKnuckleが書いているカラーの置換が現状最良の方法かと思います。
しかし今回の案件は指定のカラーが4種類で200~300ファイルで、
早い段階で色のマネジメントしなくてはいけない事がわかっていたのでこの方法でいけましたが
緊急に8カラーを500ファイルやってくれと言われたらきっとエグいので
誰かこの色×8をこの色×8に置換するパネル作ってくれると助かります。
でももっと上流の段階からのオフェンシブな解決策知ってる人居たら教えてください。

ちなみに
ベクターデータが色化けしないようにswfで書き出したものでもチェックしたら驚愕の事実が!?
細かい16進数が丸め込まれていました!?びびる!

カヤックでは、どんな空間でも色化けしない強い信念をもったFlasherを募集しています!


HTML5飯