ハロウィンが終わったと思ったら、その翌日からもうクリスマス雰囲気に衣替え。12月に入り、どこもかしこもクリスマスクリスマスな今日この頃。

クリスマス的な雰囲気に合いそうなキラキラエフェクトを作ってみました。

目標としては汎用性重視で、再利用できるように「これ書くだけでOK!」って感じで使いたいなぁ~と思ってますが、とりあえず現状ではこんな感じ。別に降らせるのはキラキラじゃなくても雪とかでもいいかなぁなんて思ったり。


黄色い四角の点から、キラキラがあふれてます。swf内にマウスカーソルを載せると、カーソルに追従します。

それでは、サンプルコードについて解説します。

・EndlessStar.as  →Timerクラスを使ってMCの周りにキラキラを生成。
・Particle.as  →キラキラの動きを制御してるクラス
・EndlessStar.fla  →newするときに量とか範囲とか設定できます。

081203EndlessStar.zip(AS3)

実際に使うときflaファイル側に記述するのは、こんな感じで。

var particle:EndlessStar = new EndlessStar( point_mc, //まわりにきらきらを表示させるMC 10, //きらきらが生成されるタイミング/msec 2, //ばらけ具合(1が基準) 3, //落ちるスピード 400, //消える速さ(400フレームで消滅) 0.01 //1フレームあたり下げるアルファの値 ); stage.addChild(particle);

パラメータをいじれば、サンプルとはまた違った雰囲気の演出も可能です。

ですが、ご覧になればわかるように、今のままだと引数に入れるパラメータもわかりづらい! 現実的に使いづらいので、もっと使い勝手を良くしたい!

Tweener.addTweenみたいな記述で使えたらいいな。もっと改良していくので、そのときにはお知らせします♪

HTML5飯