こんにちは。
弊社クライアントワークチームからBMSPに移動して、Flasherからスマホエンジニアに転職した堀口です。

さて、iPhoneで画像(等)をtweenさせたくて調べました。

Tweenerみたいなライブラリがあるのかなーと思ってましたが
UIViewという、FlashでいうところのSpriteみたいなクラスがアニメーションさせる機能を持ってましたよ!

せっかくなのでFlasher向けにTweenerとの比較をまとめます。
ちなみに、この書き方はiOS4からなので、アプリの対応バージョンに気をつけてください。

TweenerとUIViewのアニメーション比較

画像を(0,0)から(0,100)へ1秒かけて移動させます。

Tweener(AS3)

var sprite:Sprite = new Sprite();
sprite.addChild(fugaImage);//fugaImageはなにか画像が入っているということで
sprite.x = sprite.y = 0;
hoge.addChild(sprite);//hogeは既に表示リストに追加されているということで
Tweener.addTween(sprite, {x:100, time:1});

UIView(Objective-C)

UIImageView *imageView = [[UIImageView alloc]initWithImage:[UIImage imageNamed:@"fugaImage.png"]];//fugaImageを読み込んで、画面に表示できる状態に
imageView.transform = CGAffineTransformMakeTranslation(0, 0);
[hoge addSubview:imageView];//hogeは既に画面に表示される状態ということで
[UIView animateWithDuration:1.0f animations:^{
    imageView.transform = CGAffineTransformMakeTranslation(100, 0);
}];
 

どちらも簡単ですね。
もちろん、completeしたタイミングで次の処理を走らせたりって事も出来ますよん。

ではでは。

HTML5飯