Androidのホーム画面でいろいろおしゃべりするウィジェット、Andollには、
発言内容を外部のアプリから制御する仕組みが取り入れられています。
ですので、いろいろなアプリの状態をAndollを使って通知することができます。

そのひとつめの例として、先日リリースしましたLifeAroundに実装されており、
LifeAroundが写真を見つけた時、たまにAndollがあたらしいの見つけたよ、と
知らせてくれるようになります。
LifeAroundではAndoll君のきまぐれ度も踏まえ、いつもおしえてくれるわけ
ではありません。10回に1回くらいでしょうか。言うこと聞かない子なので。

発言後も表示されるのは別の発言をするまでの間ですので、通知の必要性が
あるものに利用されるのは避けてください。あくまでもお遊び要素です。
また、高頻度で発言してしまうとその発言ばかりになってしまいますので、発言
させたい時もたまに発言を行う程度にお願いします。あまりいじめないように。

 

以下コード。
/////////////////////////////////////////////////////////
Intent intentAM = new Intent();
//日本語用発言
intentAM.putExtra("talkkey", "LifeAroundが新しい写真みつけたってよ。");
//英語用発言
intentAM.putExtra("talkkeyE", "LifeAround found new places photo!");
//画像指定用。変更しないでください
intentAM.putExtra("imgkey", "101");
//レイアウト指定用。変更しないでください
intentAM.putExtra("imglay", "1");
//発言用Action。変更しないでください
intentAM.setAction("com.kayac.bm11.andoll.myupdate");
ctx.sendBroadcast(intentAM);
/////////////////////////////////////////////////////////

Actionをcom.kayac.bm11.andoll.myupdateにして、broadcastすることで
Andoll君がしゃべってくれます。
 

 

*追記:2010/04/13

LifeAroundの他にも、弊社製作の起こしてこえ部(アラーム再生時に発言)・個人的に製作していたごみの日ウィジェット週別設定対応版(明日のごみを発言)でもAndollと連携して発言できるようになりました。
アプリ製作者の方、通知領域に表示するついでにAndoll対応にしてみてはいかがでしょうか。

HTML5飯