こんにちは、堀口です。

ということで、今回からしばらく、話題のtweenライブラリ

BetweenAS3の使い方をやはり人気のtweenerと比較しながら紹介していきます。


なおtweenerは現在開発が終了しているライブラリで、BetweenAS3は現在開発中のAlphaバージョンとなりますので、利用する際はよく考えてお使いください。


何事もとりあえずやってみるという事が大切な気がするので、

難しい事は書かずに、こうやれば使える!というかんじで進めます。


ライブラリのバージョンと配布先

今回使用する各ライブラリのバージョンは以下のとおりです。

tweener1.33.74 - http://code.google.com/p/tweener/downloads/list

BetweenAS3 r3022 - http://www.libspark.org/svn/as3/BetweenAS3/tags/alpha-r3022/release/
r3022 以降にもバグ修正が入っているようなので、リポジトリより最新バージョンをお使いください。

それでは早速始めましょう。


オブジェクトをtweenさせる

tweener
Tweener.addTween(obj, {x:500, time:3, transition:'easeOutSine'});


BetweenAS3
BetweenAS3.tween(obj,{x:500},null,3, Sine.easeOut).play();


tweenが終了したら何か処理をしたい

tweener
var tweenComplete:Function = function():void {
    trace('complete!');
};
Tweener.addTween(obj, {x:500, time:3, transition:'easeOutSine',onComplete:tweenComplete});

BetweenAS3
var tween:ITween = BetweenAS3.tween(obj, {x:500}, null, 3, Sine.easeOut);
tween.onComplete = function():void {
    trace('complete!');
}
tween.play();

これでとりあえず使ってみよう!

とりあえず、この二つがわかれば、今すぐにでも使い始められますね。

次回はもうちょっとtween生活が便利になるBetweenAS3の使い方を紹介していきます。

HTML5飯